鹿児島市の賃貸なら物件豊富な竹添不動産へ

鹿児島市の賃貸
鹿児島市の賃貸

【梅雨の除湿】タンス・クローゼットは「空気の流れ」が大切です!

 

 

こんにちは!
鹿児島市の賃貸マンション・不動産物件が豊富な竹添不動産の牧原です。

全国的に梅雨入りし、雨の日が多くなってまいりました。

加えて連日の桜島爆発による降灰…。。

 

雨と灰のダブルパンチで換気もろくにできず、

開けても入ってくるのは生ぬるい空気のみ…

というわけで既にエアコンの「除湿」モードをフル活用で

お過ごしの方も多いのではないでしょうか。

 

 

お部屋の室温・湿度を快適に保つのも大事ですが、

この時期注意したいのが、タンスやクローゼットの湿気です。

 

 

市販の除湿剤や除湿シート等グッズを活用し、対策されている方が多いと思います。

(今は百円ショップでも除湿・防虫対策グッズがよりどりみどりですね!)

 

 

グッズで恒常的な除湿対策を行うことも大事ですが、

もう一つ、大事なのが

「定期的に空気の流れを作ること」

です。

 

 

ちゃんとお手入れ&対策しているはずなのに、

久しぶりにクローゼットから出した服になぜか黒いカビが付着…!

 

…なんて経験、ございませんか??

 

 

というのは、カビ菌は空気中に普通に存在しているものなので

完全に防ぐ、ということができないのです。

そのため、扉が閉ざされることで空気が淀みやすい

タンス・クローゼットは

時に扉を開け空気の流れを作ってあげることが重要になります。

 

 

 

********

 

【防湿・防カビ対策】

 

 

◎空気の流れを作る!

■週1回程度、タンス・クローゼットの扉を開け風通しを良くする。

■天気が良ければ、部屋の開けられる窓は全部開け、空気の入れ替えをしましょう。

■その時、換気扇も回して部屋中の空気を動かすとより効果的です。

 

 

◎収納には物理的な「隙間」や「余裕」を作る!

■物が密着した空間ではカビが発生しやすくなります。

■「入るだけ詰め込む収納」ではなく、物と物の間に余裕を作りましょう。

■目安としては収納場所の容量に対し、2~3割の隙間を残しておくことです。

■空気の通る余地ができる&物も取り出しやすくなり、一挙両得です!

 

 

◎収納するものは「完全に乾かしてから入れる」!

■生乾きの服等が壁に触れるとそこからカビが発生し壁紙に被害が出る場合があります。

■ジャケットやカーディガン等雨に濡れた・灰をかぶった場合

軽く埃を払い、一晩は風通しの良い場所にかけて乾かした後収納しましょう。

 

 

********

 

 

竹添不動産ではお部屋で長い時間を過ごすのが楽しくなる、

充実の設備・間取りのお部屋を多数ご用意して

皆様のご来店・お問合せをお待ちしております!

 

 

 

◎こだわりのお部屋、ネット検索はこちら→http://rent.takezoe-e.com/rent_search

◎お電話にてのお問合せはこちら→099-223-6333

◎メールでのお問合せはこちら→http://takezoe-e.com/contact/

 

 

一覧へ戻る