鹿児島市の賃貸物件の解約告知、各手続きについて

鹿児島市の賃貸
鹿児島市の賃貸

引越しが決まったら引越しの流れを確認

いざ引越しをするとなると、引越し業者選びや荷造り、住所変更などの様々な変更手続きをしなくてはなりません。
引越し前後は何かと忙しく、時間に追われるうちに、忘れてしまう手続きがでてくるもの。忘れないためには自分用のチェックリストを作り、計画的に準備することもやりポイントです。また思わぬ失敗や損をしてしまわないためにも事前に流れを確認しておきましょう。

鹿児島の引越し準備・引越しが決まったら引越しの流れを確認

賃貸借契約の解約手続き・告知期間等の確認

鹿児島市の賃貸物件の解約告知は、通常退去日から1ヶ月前となっていることが多いのですが、賃貸物件によっては2ヶ月前、3ヶ月前などの場合もありますので確認しておきましょう。
万一連絡が遅れると、部屋を引き払っても日割り計算で家賃の支払いが必要になることがありますので、退去の連絡は遅れないように気を付けましょう。

引越しに伴う各手続き

  • 転居届(鹿児島市内間で住所を変更した場合は転居届が必要)
  • 転入届(他市町村から鹿児島市内に引越ししてきたば場合は転入届が必要)
  • 転出届(鹿児島市から他の市区町村へ引越しする場合は転出届が必要)
  • 国民年金の住所変更
  • 印鑑登録廃止届け
  • 国民健康保険資格喪失手続き
  • 犬(ペット)の登録手続き
  • ガス・水道・電気・NHK・新聞・スカパー・電話・インターネットなどの手続き
  • 不動産登記の手続き
  • 郵便物の転送届

新居の下見

大きな家具の搬入や配置、ドアのサイズ、コンセントの位置などをチェックしましょう。家具や電化製品も現在使っている物が使えない場合もありますので、状況を確認してから引越し準備をしましょう。
新居を下見するときは、メジャー、筆記用具、デジカメなどを持っていくと、ドア、階段、廊下、窓などの寸法を測るときに便利です。
住まいだけなく、引越し当時にトラックが入れるか、駐車スペースがあるかなど新居周辺の道路幅の確認も重要です。

新居の間取り採寸

間取りはもちろん、各所の寸法を測り家具や電化製品など置ける場所を確認しておくこと。テレビや冷蔵庫など電源(コンセント)の位置をチェックして家具の配置を決めましょう。以外と忘れてしまうのがカーテンの数やサイズ。賃貸物件によっては備え付けのカーテンもありますが、自分で準備する必要がある場合は、窓の数や大きさをチェックしておくことをおすすめします。

引越しの方法を決める

「すべて自分で行う」「荷物の搬送のみ業者に依頼する」「すべて引越し業者に依頼する」など、引越しが決まればどのような方法で引越しするか考えなればれなりません。
安くすませようと思うと、友達や知人に人手を借りてレンタカーで荷物を運ぶなどできることは自分ですることが望ましいです。ですが大きな家具の移動が大変だったり、電気工事やエアコンの取り外し・取り付けなど、専門家に依頼しなければならないこともでてくることも考慮しておきましょう。別々に頼むとスケジュールや予定よりも費用がかかってしまうことがありますので、よく検討して決めしょう。

鹿児島の引越し手続きと引越し準備・一覧に戻る»