鹿児島市の賃貸・不動産のエキスパートが教える引越し後の手続き・届出について

鹿児島市の賃貸
鹿児島市の賃貸

引越し後の手続き・届出

引越し作業が終わっても役所への手続きや免許証、取引銀行などの住所変更などいろいろな手続きをしなければなりません。引越し前の手続き同様、計画的に行うようにしたいものです。引越し後の手続きを忘れてしまうと新生活に影響がでることもありますので、忘れないうちに早めに手続きを終わらせておくことをおすすめします。

鹿児島の引越し後の手続き・届出

転入届・転居届

鹿児島市以外の市区町村から鹿児島市へ住所を変えたとき、引越し後14日以内に転入の届出をしなければなりません。手続きには引越し前に住んでいた市町村から発行された転出証明書、公立の小中学校へ通う子どもがいる場合は在学証明書も必要です。
鹿児島市内間で住所を変更した場合も、引越ししてから14日以内に届出をするようにしましょう。

身分証明書の定番!運転免許証・パスポートの変更

本人確認で必要な場合が多い運転免許証やパスポート。できるだけ早めに住所変更の手続きをしていれば安心です。
運転免許証は引越し先の住所を管轄する警察署や運転免許センターで手続きします。
パスポートは本籍地の変更がなければ手続きは必要ありませんが、パスポートの住所は自分で書き換えておきましょう。

金融機関・クレジットカード・携帯電話の住所変更

役所への届出のようにいつまでに届けなければいけないという規定はありませんが、住所変更の手続きを行わないとクレジットカードの明細や携帯電話の通話料の明細が送られてこない場合があります。
カード会社や携帯電話会社の明細書、銀行からの通知などプライバシー情報を含むものがたくさんあります。思わぬトラブルにならないよう手続きをしておくようにしましょう。

郵便物の転送届

郵便物は郵便局で届け出すると、引越し前の住所あての郵便物を新住所に無料で転送してもらえます。(国内のみ)
郵便局の転送届は「転送開始希望日」を記入する所がありますので、引越し前にも手続きすることができます。

車庫証明の登録変更

自動車の住所変更は車庫証明(自動車保管場所証明書)が必要になります。必要書類や費用は新住所の管轄の警察署で確認しましょう。軽自動車やバイクなど自動車と異なる手続きが必要になりますので、事前に確認しておくとスムーズに手続きが行えます。

鹿児島の引越し手続きと引越し準備・一覧に戻る»